あいさつ|学芸大学駅 徒歩10分 生理痛/産後の腰痛を改善へ導く職人しんごの整体院

院長挨拶

  • 男性セラピスト 野田
名前 野田 新五(ノダ シンゴ)
生年月日 1975/5/16 おうし座
出身地 静岡県伊東市
趣味 読書・映画鑑賞
なぜ治療家になったのか

もともと腰痛もちでした。
中学生の時、涙が出るほど腰がつらく整形外科にいきました。
レントゲンを撮り、骨には問題なくただ電気ビリビリと湿布。
痛みがとれなかったら薬を飲みなさい!という結論でした。
痛みがとれるわけもなく、起きていても痛い寝ても痛くてイライラ。
しまいには一睡もできないことも。
心配した親は、多額のお金を払って数十件、整形外科・接骨院・カイロ・整体・鍼にと親のお休みを使い、連れて行ってもらいましたが何の変化なし。

遊び盛りの私は学校の帰り、お休みまで治療院通い。
中学時代の思い出は"腰痛"で通院一番記憶しております。
その経験があるから今があります。
同じ思いを皆様にさせたくないのです。

PAGE TOP